今や生活から切り離せないほど広まったSNS。
その分、現実世界での繋がりが希薄になるような気もしますが。

かくいう僕もSNS依存性かもしれません。

TwitterやFacebook、まだアカウントは残っているmixi、SNSなのかは微妙ですがLINE…

まぁほとんどの人が上記にアカウントを持っていますよね。

今回はそんなSNSでのコメントの在り方について考えてみました。
36cbe8e11e135db30a86ed408d59f35b_s


周りの目にも触れている


特にFacebookで思うことですが、ある記事にコメントをします。
するとそのコメントは記事を書いた方と繋がっている、言わば赤の他人にも見ることができる物となります。

色んな方面からコメントが付くのは良いことなんですが、それら赤の他人への配慮に欠けた(場合によっては失礼な)コメントが多く見受けられます。

以前あった事ですが、前職の先輩からの
コメントを古くからの友人が見て憤慨し、その友人から先輩へ連絡をしても良いか?というプチトラブルもありました。

そこまでは滅多に無いと思いますが、やはり気を悪くしている人は多数いると思います。

関係性はそれぞれにある


つまり僕が言いたいのは、記事の生産者とコメント者の関係上OKな表現や言い回しであっても、SNSでは別の関係性を持つ人も見ているのだから、そういった配慮が必要です、ということです。

まぁ基本的には先輩や後輩、友人や上司部下と繋がることがほとんどでしょうから、そういった配慮があることが当たり前だと思うのですが。

僕はそういった配慮の無い方とはSNSの繋がりも、出来れば現実の繋がりも切ってしまいたいですね。

そうは言ってもSNS??


ここまで書いてなんですが、SNSだしそこまで気を使うこと無いだろう。と言う声が2つ3つ聞こえてきそうですが…笑

やっぱり最後は現実の繋がりなんですよ。
SNSでの心無いやり取りの後、現実で会っても引きずりますよ。そりゃ。

人と人との直接の繋がりや関係性があって、その上に娯楽の一部としてあるのがSNSです。

マナーを守って正しい利用を…笑

なんかのCMみたいになったな。